gamebox

unityとかゲームとか

【unity】DoozyUI ビュー(View)切り替えメモ1【アセット】

UI操作(管理)系で有名なDoozyUIを触ってみたのでメモ。

サンプルを適当に読んで触って使える様になったので、それなりに直感的でよいアセットだと思う。(深い所はまだわからないけど)

assetstore.unity.com

 

基本的な部分はこちらが参考になります↓

DoozyUIを触ってみた - Qiita

 

この記事ではビュー切り替えについて記述。

DoozyUIのNodyやdatabaseなどの基本についても触れるので、DoozyUIのとっかかりとして役に立つと思います。

f:id:rgamebox:20191027161938g:plain

 

 

ちなみにこのアセットはuGUI拡張系アセットなので、uGUIの基本を知らない人は使いこなせないと思うので、「uGUIとはなんぞや」という人はそっちを先に学習しましょう。 

 

では、本題にすすみます。

 

 ◆MasterCanvasとUIView1の作成

DoozyUIではMasterCanvasというものを作成する必要があります。

また、各画面はUIViewという単位で管理するので作成します。

ヒエラルキービューで左クリックで作成します。

f:id:rgamebox:20191027094126p:plain

以下が作成されました。

f:id:rgamebox:20191027094308p:plain

 

 ◆UIViewのデータベースへの登録など

Viewやボタンを管理する為にはデータベースへの登録が必要。

データベースと言ってもSQLみたいな本格的なのではなく、DoozyUIで管理する為の簡単なものです。

 

・上で作ったUIViewに"Open Database"というボタンがあるので押します。

するとDoozyUIの管理ダイアログが開くので、てきとーに「DoozyTest」というカテゴリを作成します。

f:id:rgamebox:20191027095257p:plain

 

新しく作ったデータベースの下に「UIView1」という項目を追加します。

f:id:rgamebox:20191027095454p:plain


そしてヒエラルキービューの先程作ったUIViewに戻って、以下画像を参考に選択して、

Renameのボタンを押すと、「View - UIView1」という名前にリネームされます。

f:id:rgamebox:20191027095617p:plain

データベースにもこのビューが登録されるので、遷移などに使用できる様になります。

 

 ◆ボタンの作成とデータベースへの登録

 

・Viewを切り替える為のボタンを作ります。画像を参考にDoozyUIのボタンを作成

f:id:rgamebox:20191027100405p:plain

 

・ボタンもデータベースへの登録が必要なので上で作業したViewのデータベース登録と同じ要領でボタンをデータベース登録します。

※Viewとは別のカテゴリなので、ボタン用の"DoozyTest"カテゴリを登録する必要があります。

これから作成するView2に遷移する為のボタンなので「ToView2」という名前で登録します。

f:id:rgamebox:20191027100448p:plain


 ・データベースの登録が完了したら、ヒエラルキーのボタンに戻って、設定します。

f:id:rgamebox:20191027100716p:plain

 

・ボタンのテキスト内容(Label)の変更

「View2」に切り替えと文字を入れます。子にあるLabelテキストに自動で反映されます。

f:id:rgamebox:20191027103716p:plain

 

 ◆UIView2の作成 & ボタン修正

これまで作業していたUiView1をコピーして、UiView2を作ります。

 

・ヒエラルキービューの"View - UIView1"を選択して、CTRL+Dで複製します。

すると View - UIView1(1)が作成されます。

f:id:rgamebox:20191027101204p:plain

 

・「UIView2」にリネームするので、UIView1と同じ要領でデータベースに登録して変更します。

f:id:rgamebox:20191027101601p:plain

 

・View1と色が同じだと遷移がわからないので、BGの色を変えます。

f:id:rgamebox:20191027103350p:plain

 

・ボタンの方も改修します。

View1に進む為のボタンなので以下画像を参考にセッティング。

f:id:rgamebox:20191027104125p:plain

 

 ◆Graphの作成

これまでで2つのビューが出来たので、これを切り替える為にいよいよNodyグラフの作成を行います。

ヒエラルキーに空のゲームオブジェクトを作成して、"GraphController"をアドコンポーネントします。

f:id:rgamebox:20191027145826p:plain

 

・そして以下画像を参考に「OpenNody」でNodyグラフウィンドウを開き → Graphを押してグラフファイルを作成します。

f:id:rgamebox:20191027150222p:plain

 

 ・作ったグラフファイルを反映させます

f:id:rgamebox:20191027150551p:plain

 

・そしてオブジェクト名をリネーム 

f:id:rgamebox:20191027151818p:plain

 

長くなったので、次の記事に分けます。

 グラフを使用してのビュー切り替えを行います。

 

続きはこちら↓ 

www.unitygamebox.com