【unity】Obi Fluidを使ってみる1 導入編【アセット】

【unity】Obi Fluidを使ってみる1 導入編【アセット】

2019年11月16日

記事一覧

【unity】流体ObiFluid記事一覧:エロ編【アセット】 – gamebox

 ※規約にひっかかりそうなので、この記事はソフトな表現にしました。

自分の思いの丈は↓この記事にかいています。

gameboxbranch.blogspot.com

はじめに

f:id:rgamebox:20191116180504p:plain

Obi Fluid

「Obi Fluid」という流体シミュレーションのアセットを使用します。

ちと値は張るけど、たまにセールで半額になったりします。

(上のリンクから買ってもらえると俺が少し嬉しいです)

ちなみに自分もよくわかってないので、試した事の備忘録となります。

サンプルシーン”FluidViscosity”を使用します

f:id:rgamebox:20191116183319p:plain

このアセットは…というか、流体力学はパラメーターや設定が多く、少し難しいので、

サンプルシーンの「FluidViscosity」を開いて、シーンを別名で保存して使用します。

このサンプルは粘度高めの液体が球にねっとりと絡むので、精子の表現にぴったりです。

コリジョン(モデル)のセットアップ

雰囲気を出す為にこの素体を使いましたが、このモデルのコリジョンは使っていないので、キャラクターモデルはあってもなくてもいいです。

booth.pm

◆見た目

f:id:rgamebox:20191116184911p:plain

◆コリジョン

f:id:rgamebox:20191116185103p:plain

◆合わせて表示

f:id:rgamebox:20191116185041p:plain

顔のカプセルコリダー(モデル)、胸より上の部分(胸板)キューブコリジョン、おっぱいの球2つで構成しています。

(実態を見ると味も素っ気もなく色気もないですが、実際の女性もそういう所あるよね!)

それぞれのモデルに”Obi Collider”をアタッチするだけで、流体との当たり判定が生まれます。

・例)胸板

f:id:rgamebox:20191116190118p:plain

エミッター(Emitter)の調整

サンプルのをほぼそのまま使っていますが、座標/角度/色は変更しています。

ちんこ的な棒はカプセルモデルをとってつけただけなので、あってもなくてもいいです(笑

f:id:rgamebox:20191116191313p:plain

液体を出したり止めたり

簡単なスクリプトでマウス左ボタンを押している時だけ液体を発射します。

ObiFluidテスト1

◆ public ObiEmitter mObiEmitter;

には、HierarchyビューのEmitterをD&Dしてください。

mObiEmitter.speedを0にすると止まります。

発射時は10,停止時は0を入れます。

※エミッターのEnableをOn/OFFするのを試したら、OFFにした時に全パーティクルが消えてしまった。

おしまい

とりあえず、これで動画の様な表現ができます。

わからない事あったら、ブログへのコメントでもツイッターでもいいんで質問ください。

次の記事があるならパラメーターの説明あたりをしたい。

※2019/11/17更新:続きの記事2を書きました。

【unity】Obi Fluidを使ってみる2 液体を白くする【アセット】 – gamebox

※記事一覧

http://【unity】流体ObiFluid記事一覧:エロ編【アセット】 – gamebox